月別アーカイブ 3月 2018

著者:fifty

筋肉トレーニングの変化

筋トレの変化は均一の直線ではなく、階段を上がっていくイメージです。身体は日々努力をすると、1つ1つの壁を乗り越えて段階的に発達していきます。始めの1週間は筋肉痛になる事が多く、これを発達の喜びに感じる事が出来ると3ヶ月は続きます。

3ヶ月では身体の変化は皆無で、無駄な脂肪が少し落ちる程度です。成果が出るまでの期間が1番気になるのが、3ヶ月目くらいです。週2回の筋トレを続けていける覚悟が出来るかで、成果が変わってきます。

最初の1年は期待通りの体型変化はないが、筋力は伸びているので重量の向上等にモチベーションを持つようにします。基本的に筋トレを継続するのなら、中級車から上級者向けの筋トレグッズを揃て少しでも効果的な筋トレを行うと良い結果が得られます。

3ヶ月続いた人は、身体が逞しくなっているのを実感出来るようになります。自分で分かる程度で、周りからは分かりにくいです。初心者の場合は1年程続けると、停滞期に入ります。筋トレの内容や食事等を見直すようにして、大量のタンパク質を摂取するようにします。

1年間続くと筋トレが生活習慣の1部になり、トレーニングと家事や仕事と両立が出来るようになります。この時期には、何を目的に鍛えるのかを考える事でモチベーションを上げていけましょう。おすすめサイト⇒加圧インナーレディースのおすすめはこれ

著者:fifty

バスト位置の高さを気にしています。

私の悩みは加齢とともにバスト位置が低くなってきた事です。
一般的に、バストが大きいと重みで垂れると思われていますが、大きさだけの問題ではありません。実際、バストの小さい人も位置が低くなっている人はたくさんいます。
理想のバスト位置は、鎖骨の中央を頂点にして正三角形を描ける位置だそうです。
年をとるとバストを支える筋肉が衰えて、正三角形が二等辺三角形になってしまうそうです。
特に大きくなくてもいいので、高い位置にバストがあることが理想です。バストの綺麗な人とそうでない人とは、服の上からでもわかります。バスト位置の高い人はやはりかっこいいです。
また、バスト位置が高いと、そこに脂肪が集まっているので、バストサイズもアップします。一方バスト位置が低いと、脂肪が広がっているので、バストが小ぶりに見えてしまうそうです。
これ以上バスト位置が下がらないようにしたいのですが、筋力トレーニングは続かないので、補正力のある下着を毎日つけて予防しています。こちらもおすすめ⇒育乳ナイトブラでaカップを育乳する